日頃より東京都生コンクリート工業組合の事業活動にご理解をいただき厚くお礼申し上げます。
 当工業組合は、生コンクリート業界全体の改善発達を図ることを目的として中小企業団体の組織に関する法律に基づき、昭和49年に設立した東京都の認可団体です。生コンクリート製造業に関する指導教育、調査研究を主な事業として実施しておりますが、特に生コンクリートの品質の安定と確保は当工業組合の重要な責務と位置づけております。
 当工業組合は、組合員相互による品質の確認と品質管理の指導強化を行い、品質の確保と向上を図ることを目的に昭和53年に品質管理監査制度を制定いたしました。平成10年には品質管理監査制度の一層の信頼性向上を期し、第三者機関として設立した東京都生コンクリート品質管理監査会議に品質管理監査事業を全面移管いたしました。
 当工業組合は、事業移管後も引き続き品質管理監査会議の活動に対し生産者側委員として参画するとともに、組合として協力支援を行っております。また、品質管理監査の客観性と透明性を担保する観点から、品質管理監査立入検査受審工場の監査結果を当工業組合のホームページにおいて公開いたしております。
 当工業組合は、2020年東京オリンピック・パラリンピック関連工事、防災減災対策、インフラの老朽化対策、社会資本ストックの維持管理等、良質な社会資本整備のために必要不可欠な基礎資材である生コンクリートの安定供給に努めて参ります。
 東京都内の生コンクリート製造業者の指導教育を担う事業者団体として、品質確保のための支援体制を整備し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
 品質管理監査制度のもとに製造された生コンクリートが都民の皆様の安全安心、また、需要家の皆様への安定供給に貢献できますよう努めてまいりますので、皆様のご理解、ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

  東京都生コンクリート工業組合
    理事長  吉 野 友 康